意外とシンプルな包茎手術の費用

包茎手術ってクリニックによって費用がバラバラな印象がありますよね。
数万円でできちゃうところもあれば、10万円以上するようなところもあるのでなんでこんなに違うの?と思うこともあります。
これは簡単な手術かそうでないかで分かれるようです。
泌尿器科の医師にとって包茎手術は簡単な部類に入り、手のかからないものであれば簡単に終わらせることができるんだとか。
そういった場合には数万円程度でできるのも納得です。
一方で包茎には真性包茎やカントン包茎もあり、ここでそこそこの費用が発生します。

本来、真性包茎などは保険適用がされるので安く手術を受けられ、費用も3万円程度で収まります。
でも、単に包茎ではない状態にするだけなので見た目に包茎手術をしているというのが分かるのでそれが嫌だと思う人が多いです。
なので、美容クリニックなどで包茎手術をするわけですが、ここで大きく費用が異なります。

最近の傾向はシンプルで明朗な料金体系になっている点です。
この理由は様々ですが、色々とオプションをつけて料金が高くなってしまうというイメージをもたれているからだとか。
これ以上はいただきませんというところも多く、そのようなところを信頼したいですね。

包茎手術の費用の相場はどのくらい

一般に包茎の手術を行っているのは、泌尿器科、形成外科、美容外科などが多いです。
ただし、全国にあるすべての泌尿器科で包茎手術を行っているわけではありません。
形成外科や美容外科においても同じで、これらの病院でも包茎手術を行っていないところもあります。
病院に聞けば教えてくれるので、確認しておくことが大切です。保険治療を行ってくれる病院は少ないですが、包茎の状態によっては保険適用手術ができる場合があります。
保険がきかない病院や、保険を使わないで包茎手術を行った場合、仮性包茎の場合は自費費用だと約8万から16万円くらいかかります。
真性包茎やカントン包茎の手術を行った場合は自費費用だと約20万円ですが、真性包茎やカントン包茎の場合は保険が適用されることがあり、その場合手術費用は1万円から3万円くらいになります。
仮性包茎の場合は保険適用が認められることは難しいです。
中には、手術料金をどんどん多く要求してくる病院もあるので、手術前に相談して納得してから包茎手術をうけることをおすすめします。
被害にあわないためにも、しっかりと相談時間をとって包茎手術について話をしてくれる病院で手術を受けた方がいいですし、手術を行っている病院の評判をよく確かめてから包茎の治療をすることが望ましいです。

包茎手術の費用は国民健康保険が使える?

包茎を治療は手術が主流です。
手術となると、大がかりな治療が予想されまうが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?
まず包茎手術と言っても、包茎の状態によって費用に違いがあります。
また仮性包茎は国民健康保険が適応されず、主に男性向けの美容整形外科による自由診療となります。
真性包茎やカントン包茎は包皮と亀頭の癒着など生活に支障をきたす可能性があるため、国民健康保険が適応されます。
しかし美容整形外科では、真性包茎もカントン包茎も、自由診療で治療費を請求しているケースが。
真性包茎やカントン包茎かもしれないと思ったら、まずは泌尿器科を受診しましょう。
男性機能や排尿に支障をきたすほどの包茎であると診断されれば、国民健康保険が適応される包茎手術ができる可能性があります。
国民健康保険が適応される手術でしたら、4万から5万円程度が一般的です。
他にも診察や薬などのかかる費用も考えてください。
次に美容整形外科で手術した場合です。
こちらは先述したとおり、自由診療となるので国民健康保険での手術に比べてかなり高額です。
美容整形外科のホームページで手術費用を掲載していますが、さらに診察費なども加算されると考えてください。
またいざ手術となると、変形していているなどの理由で手術費が高額になり、トラブルになっているケースも増えています。
包茎手術を受ける時は、納得行くまで説明を受けてください。

気になる包茎手術の費用!

人には誰しもなかなか言えない悩みがあります。
包茎もその一つです。さまざまな説はありますが実は日本人の6~7割が包茎ではないかというデータがあります。
自分だけと悩み込む必要はなさそうな数値ですよね。
だけど気になるものは気になる!そう思い手術に踏み切る人も少なくありません。
では包茎手術の費用とはどれくらいかかるのか気になるところですね。

症状やかかる病院によって費用は違います。
真性包茎やカントン包茎(狭小部で亀頭の根元が締め付けられて血行障害を起こす可能性がある状態)は泌尿器科では病気とみなされ、生活に支障をきたすと判断されるそうです。
そのため保険が適用され自己負担額はだいたい1~3万円程度になります。
しかし気をつけなければいけないのは保険適用で手術をした場合に行われる手術は、とりあえず生活に支障がないレベルにもっていくだけのものです。つまり、せっかく手術しても仮性包茎どまりなのです!

整形外科で行う手術の場合の費用相場はこのくらいです。
仮性包茎手術はおおよそ8~16万円程度。真性包茎、カントン包茎の手術はおおよそ20万円程度です。
保険適用ではないけど思い通りの形にしたい!という方はこちらを選んだ方が良いですね。

包茎手術の費用はクリニックによって異なる

包茎手術は美容目的と判断されるため、費用は自己負担であるということを聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
しかし、医療機関や症状によっては保険が適用される場合もあります。
健康保険が適用されるための条件としては、真性包茎もしくはカントン包茎など生活に支障をきたすと判断された場合のみです。
仮性包茎の場合はほとんどの場合は健康保険は適用されないようです。
また、医療機関が保険治療に対応しているかどうかも重要になります。
包茎手術は泌尿器科や形成外科クリニックで受けることが出来ますが、そのクリニックが保険治療に対応していると共に保険適用の対象となる手術方式で手術を行う必要があります。
そのため、場合によっては傷跡が目立ってしまう可能性が考えられます。
形成外科クリニックの場合、健康保険が適用されない場合が多いというデメリットがある一方で、一人ひとりの状態や希望に考慮した手術をうけることが出来るというメリットがあります。
形成外科クリニックの手術費用はクリニックによって大きく異なりますので、あらかじめ費用を確認するようにしましょう。
費用に関するトラブルとして、手術後に追加で請求されるというものがあります。
このようなことを防ぐためにも気になることがあれば、些細な点でも確認することが重要でしょう。