包茎手術の費用は国民健康保険が使える?

包茎を治療は手術が主流です。
手術となると、大がかりな治療が予想されまうが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?
まず包茎手術と言っても、包茎の状態によって費用に違いがあります。
また仮性包茎は国民健康保険が適応されず、主に男性向けの美容整形外科による自由診療となります。
真性包茎やカントン包茎は包皮と亀頭の癒着など生活に支障をきたす可能性があるため、国民健康保険が適応されます。
しかし美容整形外科では、真性包茎もカントン包茎も、自由診療で治療費を請求しているケースが。
真性包茎やカントン包茎かもしれないと思ったら、まずは泌尿器科を受診しましょう。
男性機能や排尿に支障をきたすほどの包茎であると診断されれば、国民健康保険が適応される包茎手術ができる可能性があります。
国民健康保険が適応される手術でしたら、4万から5万円程度が一般的です。
他にも診察や薬などのかかる費用も考えてください。
次に美容整形外科で手術した場合です。
こちらは先述したとおり、自由診療となるので国民健康保険での手術に比べてかなり高額です。
美容整形外科のホームページで手術費用を掲載していますが、さらに診察費なども加算されると考えてください。
またいざ手術となると、変形していているなどの理由で手術費が高額になり、トラブルになっているケースも増えています。
包茎手術を受ける時は、納得行くまで説明を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です